底地の地主さんのお悩みまとめ サイト登録(無料)
底地の地主さんのお悩みまとめ

建替え問題

底地の借地権建替え問題は、地主にとって難しいケースがあります。建物の種類によっては立ち退きしてもらうことが難しくなるからです。新たに戸建てやマンションなどの新築物件を建てることを依頼された場合、契約後しばらくは他の借地者を探すことができなくなります。友好関係を気付いている借地者であればトラブルは避けられるでしょうが、将来を見据えた上で承諾すべきでしょう。借地契約の内容を見直したり、新たに契約を結び直したりする必要性を検討してみてください。


底地の地主をしていて、借地権建替えを借地権者から申し出された場合、建替え承諾料の問題も発生します。相場は借地権価格の10%程度とされていますが、立地したエリアや需要の有無に応じて承諾料を下げてほしいと言われることがあります。長い目で見た場合に得になるのか損になるのか、見極める必要があります。借地期間が長期になるほど、自由がきかなくなります。自分で土地を活用したいときに立ち退いてもらえないと不便です。非堅固建物(木造などの建物)なのか堅固建物(石造や土造、鉄筋コンクリート造などの建物)なのか、きちんと確認した上で承諾すべきでしょう。


借地権者との話し合いがうまくいき、契約することを承諾した後にも問題が発生する可能性があります。建て替えの際にローンを利用する場合、地主のサイン(押印)が必要になることがほとんどだからです。地主はローンに関わる義務がないため、借地権者が住宅ローンなどを利用するかどうかを事前に確認しておいた方がよいでしょう。


Copyright (C) 底地の地主さんのお悩みまとめ All Rights Reserved.