底地の地主さんのお悩みまとめ サイト登録(無料)
底地の地主さんのお悩みまとめ

地代の値上げって?

底地の地代の値上げのタイミングは、地主によって難しい問題です。借地権者との関係性や土地の価値の変化などによっては、値上げしにくいケースもあります。ここでは、底地の地代の値上げについて考えていきましょう。地代とは、土地(底地)の借り主が土地の所有者に対して支払う賃料のことです。家を借りる場合は家賃を支払いますが、土地の場合は地代となります。

底地の活用方法をアドバイス

底地のプロが最適な活用方法をご提案します

底地の地代を値上げしたい場合、借地人に対して通知をし、同意を得る必要があります。正当な理由がなければ不服申し立てされる可能性があるため、慎重に行いましょう。固定資産税などの土地の租税公課が上昇したときや、土地の価格の上昇、物価の上昇などが生じたときに値上げをするケースが多いです。近くにある土地の地代と比べて安すぎる場合などにも値上げを伝えるケースがあるようです。これらの要因を借地権者に納得してもらうように、文書化して説明するのが一般的です。根拠となる資料として公租公課の評価証明書を添付して値上げの意思を伝えるなどの工夫が必要となります。


地代の値上げに関しては、借地権者が納得せずに交渉がスムーズに進まないことがあります。その場合、裁判所に対して調停を申し立てるという方法があります。第三者が間に入り、法に則り解決するという方法です。調停でも解決できない場合には訴訟という手段もありますが、最終手段と考えましょう。借地権者とは長い付き合いとなるため、値上げの比率なども熟慮して決めることが大切です。


Copyright (C) 底地の地主さんのお悩みまとめ All Rights Reserved.