底地の地主さんのお悩みまとめ サイト登録(無料)
底地の地主さんのお悩みまとめ

底地は物納できる?

自分が地主として持っている土地がある場合、悩みの1つとなるのが「物納」が可能であるのか、ということです。まず大前提としてですが、基本的に貸している土地であったとしても、物納を行うことは可能となっています。物納というのは要するに自分の土地の所有権を国に移すということであり、これによってさまざまな権利関係に変化が生じることになります。底地の物納が行われた場合、地主側に取って大きなマイナスが発生することはありません。というのも、物納の前提条件として、地主にとって不利な条件が含まれていないこと、というものが含まれているため、そういった物納が認められることはないためです。


借地人にとって有利な内容になっている場合については、地主は契約書の作り変えを行い、借地人にとっては有利ではない、地主にとって有利な契約内容に変更をすることが求められることになります。物納が行われた後については国が地主の変わりとなるために、悪い条件が引き継がれているままだと悪影響が生じることが考えられるためこのような処置がされることになります。

知っているとお得な掘り出し物件

素敵な物件を安く手に入る方法をご紹介します

地主が国に変更された場合、借地人側に考えられるメリットとしては、人間関係を解消しつつも契約関係を継続することができるということや、地代の値上げを不当に行われる可能性がなくなることなどが挙げられます。現状有利な契約を結んでいるという場合にのみ、マイナスに働いてしまうことが考えられるため、その点だけは注意をする必要があります。


Copyright (C) 底地の地主さんのお悩みまとめ All Rights Reserved.